世界フィギュア選手権2019女子の優勝候補を大胆予想!

2019年03月20日(水)から
2019年03月24日(日)まで

世界フィギュア選手権2019
開催されます。

 

今シーズンは4年ぶりに
日本で行われるのでとても楽しみです!

 

そこで

世界フィギュアスケート選手権2019の
女子の優勝候補を3名にまで絞って
大胆予想してみました。

 

※ロシア選手は大会直前まで
 選手の変更があるかもしれないので
 未確定となります。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

紀平梨花(日本)

直近で出場した大会で優勝!

直近で出場した大会、
フィギュア
チャレンジカップ2019では

 

ショートプログラムは
2位発進でしたが

フリープログラムでは
冒頭のトリプルアクセルを見事に決め
合計得点208.34で優勝。

2位とは20点差を付けました。

 

怪我をしているにも関わらず
それを感じさせることのない
圧巻のノーミス演技でした。

ショートプログラムの得点次第で優勝確実

紀平梨花選手は
ショートプログラムの得点差を
フリープログラムで埋めることで
優勝してきました。

 

全日本選手権では
その得点差を埋められず
惜しくも2位となってしまったり

世界フィギュアスケート選手権でも
ショートプログラムの得点が
重要になってくるでしょう。

トリプルアクセルの安定が課題

紀平梨花選手のプログラムには
トリプルアクセルが必ず入っています。

 

トリプルアクセルが決まれば
高得点が入りますが

裏を返せば3アクセルが決まらないと
得点が伸びません。

トリプルアクセルが
安定して決まるようになれば
怖いものなし、と言えるかもしれません。

ソフィア・サモドゥロワ(ロシア) ※未確定

現在急成長中!有力のロシア選手

サモドゥロワ選手は
昨シーズンまではジュニアでした。

 

ジュニア時代は
目立った成績はありませんでしたが
シニアに上がったことで実力を発揮。

 

現在は3アクセルの習得に向けて
特訓をしているようです。

直近に出場した大会で優勝!

直近で出場した大会
ヨーロッパフィギュアスケート選手権では

ショートプログラム、
フリープログラム共に
パーソナルベストスコアを更新。

 

トータルスコア213.84点で
見事優勝しました。

 

2位だった
アリーナ・ザギトワ選手とは
およそ15点差でした。

ジャンプの安定感が抜群

サモドゥロワ選手はなんといっても
ジャンプの安定感が抜群。

 

直近で出場した大会
ヨーロッパフィギュアスケート選手権では
ほぼノーミスで滑ることができました。

 

この勢いのまま
世界フィギュア選手権に出場したら
日本勢の驚異となるでしょう。

 

 

アリーナ・ザギトワ(ロシア) ※未確定

直近で出場した大会で2位

直近で出場した大会
ヨーロッパフィギュアスケート選手権では

ショートプログラム首位発進したものの
フリープログラムで転倒やミスが続き
2位という結果になりました。

 

しかし身体の変化があるなか
この成績は十分素晴らしいです。

ジャンプの技術点が驚異的

ザギトワ選手は
ジャンプの技術点が驚異的です。

 

女子フィギュアでは数名しかできない
ジャンプの組み合わせができます。

 

昨シーズンまでは基礎点が上がる
演技後半にジャンプを集中させ
高得点を狙っていました。

 

しかし
今シーズンはルール改訂があり
プログラムを大きく変更しました。

 

プログラムの構成の大きな修正は
痛手になっているかもしれませんね。

身体の変化との戦いがカギを握る

今シーズンのザギトワ選手は
身体の成長による関節炎に悩まされてます。

 

直近の大会を見ても
現在も身長が伸びているように感じます。

 

身体の変化に加え
プログラムの大幅な修正が重なり
今シーズンは辛抱が必要になりそうです…。

日本勢VSロシア勢となるか!?

今シーズンの
世界フィギュアスケート選手権は

個人的には女子は
日本勢とロシア勢の戦いになると
予想しています。

 

この記事では挙げませんでしたが
全日本選手権で優勝した坂本花織選手
平昌オリンピックで4位の宮原知子選手など

有力な選手がいますので
決して引けを取るということはない
と考えています。

 

しかしロシアも力のある3選手が
選出されますので、油断できません。

 

日本の選手たちには
是非とも頑張ってほしいです。

 

それでは最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました