名古屋ウィメンズマラソン2019の注目選手一覧と結果

2019年03月10日(日)に

名古屋ウィメンズマラソン2019

開催されます。

 

招待競技者は全員で15名。

 

「どの選手に注目していいのか
いまいちわからない…。」

 

そんなあなたのために

海外招待競技者10名
国内招待競技者10名
計20名の注目選手一覧と
大会の結果をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

↓おすすめ記事↓

名古屋ウィメンズマラソン2019日本人選手内の優勝を予想してみた
名古屋ウィメンズマラソン2019のおすすめ応援ポイント場所を紹介

 

 

海外注目選手一覧

バラリー・ジェメリ

ケニアの選手。

 

自己ベストは2時間20分53秒と
全招待競技者の中で最速の記録。

 

名古屋ウィメンズマラソン2018では
2時間22分48秒で2位になりました。

 

今大会の最も優勝に近い選手
といっても過言ではないでしょう。

ビシリン・ジェプケショ

ケニアの選手。

 

自己ベストは2時間21分37秒と
全招待競技者の中で2番目の記録。

 

リオ五輪代表として出場した過去あり。

 

今大会の優勝候補のひとりです。

モニカ・ジェプコエチ

ケニアの選手。

 

自己ベストは2時間24分31秒と
全招待競技者の中で5番目の記録。

 

大阪マラソン2013に出場した過去あり。

ヘラリア・ジョハネス

ナミビアの選手。

 

自己ベストは2時間26分09秒と
全招待競技者の中で8番目の記録。

サラ・ドッセーナ

イタリアの選手。

 

自己ベストは2時間27分53秒と
全招待競技者の中で9番目の記録。

国内注目選手一覧

福士加代子

所属は京都/ワコール。

 

自己ベストは2時間22分17秒と
全招待競技者の中では3番目
国内招待競技者の中ではトップです。

 

福士加代子選手は
MGC
(マラソングランドチャンピオンシップ)
の出場権利が獲得できるかどうかが
かかっています。

 

国内招待競技者の中で
トップになれる可能性が高い
選手のひとりです。
名古屋ウィメンズマラソン2019日本人選手内の優勝を予想してみた

前田彩里

所属は大阪/ダイハツ。

 

自己ベストは2時間22分48秒で
全招待競技者の中では4番目
国内招待競技者の中では2番目です。

 

前田彩里選手は
MGC
(マラソングランドチャンピオンシップ)
の出場権利が獲得できるかどうかが
かかっています。

 

国内招待競技者の中で
トップになれる可能性が高い
選手のひとりです。
名古屋ウィメンズマラソン2019日本人選手内の優勝を予想してみた

岩出玲亜

所属は東京/アンダーアーマー。

 

自己ベストは2時間24分38秒で
全招待競技者の中では6番目
国内招待競技者の中では3番目です。

 

国内招待競技者の中で
トップになれる可能性が高い
選手のひとりです。
名古屋ウィメンズマラソン2019日本人選手内の優勝を予想してみた

上原美幸

所属は東京/第一生命グループ。

 

自己ベストは2時間25分46秒で
全招待競技者の中では7番目
国内招待競技者の中では4番目です。

 

上原美幸選手は
MGC
(マラソングランドチャンピオンシップ)
の出場権利が獲得できるかどうかが
かかっています。

 

国内招待競技者の中で
トップ圏内の可能性がある
選手のひとりです。

下門美春

所属は埼玉/埼玉陸協。

 

自己ベストは2時間27分54秒で
全招待競技者の中では10番目
国内招待競技者の中では5番目です。

 

下田三春選手は
MGC
(マラソングランドチャンピオンシップ)
の出場権利が獲得できるかどうかが
かかっています。

 

国内招待競技者の中で
トップ圏内の可能性がある
選手のひとりです。

まとめ

以上

「名古屋ウィメンズマラソン2019の注目選手一覧と結果」

でした。

 

注目選手の中で最も最速なのは
ケニアのバラリー・ジェメリ選手。

 

国内招待競技者の中で最速なのは
福士加代子選手。

 

他にも実力者だらけの大会で
どの選手が優勝するのでしょうか!?

 

放送当日が待ち遠しいです!

 

それでは最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました