東愛知夏の高校野球の優勝候補2018!大波乱の予選大会に注目!

7月から夏の高校野球の予選大会が始まりましたね!

第100回目ということで、

なんと今年は東愛知と西愛知わかれて

それぞれのエリアから1校ずつ選ばれることになりました。

かなり面白い展開になっています。

なので

東愛知夏の高校野球の優勝候補(予選)2018!

予想してみました。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

有力候補

愛産大三河高校(私立)

秋季大会:準優勝
春季大会:ベスト8

去年の秋季大会では惜しくも東邦(西愛知)に敗れました。
しかし強豪の中京大中京(西愛知)を破り、準優勝を勝ち取るという功績を残しました。

今大会ではシード校として出場。

秋季・春季でみせた強さを発揮できるのか、そこが楽しみです。

豊川高校(私立)

秋季大会:ベスト16
春季大会:ベスト8

春季大会では東邦に敗れたものの5-3という健闘を見せました。

今大会ではシード校としてスタート。

秋季・春季の粘りをみせられるのかが見どころ。

豊橋中央高校(私立)

秋季大会:2回戦敗退
春季大会:ベスト8

秋季大会は中部大春日丘(西)に敗れたましたが6-4と健闘しました。

今大会ではシード校として出場しています。

春季大会でみせた強さを出せるのかが見どころです。

対抗予想

桜丘高校(私立)

秋季大会:ベスト4
春季大会:2回戦敗退

秋季大会では強豪の東邦(西)に敗れましたが5-3の接戦でした。
春季大会では6-4と健闘するものの惜しくも敗退となりました。

今大会ではシード校として出場しています。

春季大会の経験をバネにどこまで勝ち進むことができるのか楽しみなところ。

大府高校(公立)

秋季大会:ベスト8
春季大会:初戦敗退

秋季大会ではベスト8という記録を残しました。
しかし春季大会は残念ながら初戦敗退となりました。

今大会ではノーシードとして奮闘します。

春季大会の雪辱を果たすことができるのかが見どころです。

豊田工業高校(公立)

秋季大会:初戦敗退
春季大会:初戦敗退

秋季・春季ともに接戦でしたが惜しくも初戦敗退となりました。

今大会ではシード校として出場しています。

秋季・春季大会の結果を払拭することができるのか楽しみです。

大穴予想

安城高校(公立)

秋季大会:ベスト8
春季大会:ベスト8

秋季大会も東邦(西)に圧倒的差をつけられベスト8となりました。
春季大会では再び東邦に敗れベスト8となりました。

今大会ではシード校として出場しています。

秋季・春季でみせた強さを今大会でも発揮できるのかが見どころです。

刈谷高校(公立)

秋季大会:出場せず
春季秋季:2回戦敗退

春季大会では強敵の愛産大三河高校に圧勝され2回戦敗退しました。

今大会ではシード校として出場しています。

刈谷高校は今年で創立100年
記念を祝して、決勝まで勝ち進むことができるのかが見どころです。

知立東(公立)

秋季大会:ベスト16
春季大会:ベスト16

秋季大会では初戦敗退となりました。
春季大会では豊川に敗れベスト16になりました。

今大会ではシード校として出場しています。

秋季・春季大会以上の力をみせてくれるのか、楽しみです。

スポンサードリンク

東愛知の特徴

「私立4強」の不在がカギ

愛知県の強豪校、「私立4強」。

その私立4強はいずれも西愛知に集まっており、東愛知は強豪校が不在という形になりました。

つまり今年はどの学校にも予選優勝のチャンスがあるということ。

秋季・春季大会で実力を発揮した本命校か、はたまた大穴が頭角を現すのか。

とても楽しみです。

まとめ

今回の記事のまとめです。

  • 優勝候補予想は9校
  • 安定と実績を持つ有力候補
  • 秋季・春季大会の成績をバネに勝ち進むかもしれない対抗高校
  • 創立記念などで猛追をするかもしれない大穴高校

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました