阪神タイガース2018のドラフト候補予想!猛虎の1位指名とは

夏の甲子園も終わり

いよいよ秋本番。

ドラフト会議

の季節ですね!

そこで

阪神2018の

ドラフト1位指名

候補予想

をまとめてみました!

 

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

阪神2018のドラフト1位指名候補の予想

今回のドラフト会議では

1回目
藤原 恭大(大阪桐蔭)

2回目
根尾(大阪桐蔭)

3回目
辰己 涼介(立命館大)

の3名が1位指名候補予想です。

どういった特徴があるのか。
順番に見ていきましょう。

 

1回目 藤原 恭大(大阪桐蔭)

藤原 恭大(ふじわら きょうた)

大阪桐蔭高校3年生。
外野手。
左投げ左打ち。

大阪桐蔭では1年生の夏からセンターのレギュラーとして出場。
2018年の甲子園では3本塁打を打ち優勝に貢献しました。

2年生ながら高校生日本代表に選出。

選球眼が抜群。
あらゆる球にもフルスイングができる。

また、走塁が素晴らしい。
50メートル5秒7という俊足を持つ。

スカウトのコメント

阪神スカウトは
「その中でも今大会ナンバーワンに推したいのは大阪桐蔭の藤原。雰囲気がある。ソフトバンクの柳田二世とも呼ばれているらしいが、重なるイメージは阪神の糸井。肩があり足があり一発もある。トリプルスリーを狙えるタイプ。糸井は高校時代から見ていたが、高校時代の2人を比べると藤原のスケールが上だ。打撃に関してはスイングが速くバットの出が安定している。逆方向にも大きいのが打てるのがいい。たいていの打者が苦手とするインサイドも苦にしない。リストアップした浦和学院の渡辺からインサイドのボールを引っ張ってライトスタンドに叩き込んだが、プロでも対応するのは難しいようなボールだった」

との評価をしました。

(THE PAGEより引用)

2回目 根尾 昂(大阪桐蔭)

根尾 昂(ねお あきら)

大阪桐蔭高校3年生。
内野手。
右投げ左打ち。

大阪桐蔭では1年生からレギュラーに。

2018年の甲子園では3本塁打を打ちました。

打者としては選球眼が優れています。
タイミングも見極められていますし、スイングにもためらいがありません。

投球では安定した球速を放つことができます。

打ってよし、投げてよしの逸材です。

スカウトのコメント

阪神の畑山俊二チーフアマスカウトは

「彼らしいスイングの強さがあった。状況に応じて反対方向へ強い打球も打てる。遊撃手に限らず、いろんな可能性がある」

と評価しました。

(スポニチより引用)

3回目 辰己 涼介(立命館大)

辰巳 涼介(たつみ りょうすけ)

立命館大学4年生。
外野手。
右投げ左打ち。

現侍ジャパン大学代表。
大学2年生から大学日本代表に選出。

第29回 ハーレムベースボールウィーク
では主将を務めた。

ハーレム大会では大会MVPを獲得した。

50メートル5秒7という俊足を持つ。

スカウトのコメント

阪神熊野スカウトは
走攻守の3拍子が高いレベルでそろっている。評価が上がるね。上位じゃないと取れない」
と評価した。
(日刊スポーツより引用)

 

過去のドラフト1位指名

金本監督のドラフトの結果。
過去3年分のデータを分析しました。

2015年のドラフト1位指名

2015年のドラフト1位指名は

高山俊選手(明治大)。

ヤクルトと競合することに。

競合相手のヤクルトが交渉権を獲得した。
しかしただの勘違いというハプニングがありました。

そんな中でしたが阪神は交渉権を獲得。
高山俊選手と契約しました。

2016年のドラフト1位指名

2016年のドラフト1位指名は

大山悠輔選手(白鴎大)

競合はおらず交渉権を獲得。
大山悠輔選手と契約しました。

2017年のドラフト1位指名

2017年のドラフト1位指名は競合の連続でした。

1回目清宮幸太郎選手(早稲田高)。
2回目安田尚憲選手(履正社高)。

いずれも競合負け。

3回目は馬場皐輔選手(仙台大)
ソフトバンクとの競合の末、交渉権を獲得。
馬場皐輔選手と契約しました。

スポンサードリンク

阪神タイガース2018の動向

外野手の高齢化

現在活躍している外野手の

・糸井嘉男選手(36歳)
・福留孝介選手(40歳)

高齢化が問題となってきています。

3年後5年後を考えると若手が欲しいところ。

外野手の後継者探しは必須となるでしょう。

そこで

藤原恭大選手(大阪桐蔭)。
辰巳涼介選手(立命館大)。

のドラフト1位候補とする可能性は非常に高いでしょう。

遊撃手が未固定

また、遊撃手が未固定なのが気になるところ。
遊撃を任せられる選手が不在と言えます。

そこで

根尾昂選手(大阪桐蔭)

が入団すれば守りが強固になるでしょう。

まとめ

以上

阪神タイガース2018のドラフト候補予想!猛虎の1位指名とは

でした。

2018年の阪神タイガース。

やはり

外野手の後継者探し

が大きな課題でしょう。

なので私は外野手の

藤原恭大選手(大阪桐蔭)
辰巳涼介選手(立命館大)

の2人が
主なドラフトの候補
だと予想しました。

しかし

金本監督は直前に
指名を変更したことも
あるので

予想外の選手を指名する

可能性もあるかもしれません。

今後の動向が楽しみです!

それでは最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました