ビシエドは来季(2019)も中日愛で残留?予想してみた

秋のプロ野球といえば

来季(2019)の契約を考える時期ですね。

 

中日ドラゴンズの

ダヤン・ビシエド選手(29)!

中日愛のあるビシエド選手は

残留してくれるのでしょうか?

気になるところです。

 

そこで

 

ビシエド選手は
中日愛で中日ドラゴンズに
来季(2019)残留するかどうか

予想してみました!

 

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

ビシエド残留は濃厚!

ビシエド選手が中日に残留する可能性は
80%の確率で高いでしょう!

理由とともに説明します。

理由1 米国市民権を取得

2016年春に米国市民権の取得のために
シーズン中に
渡米していたことがあります。

しかし1ヶ月たっても取得できず
1度は諦めて帰ったものの、

ふたたび米国市民権を取得するために
2018年春に渡米しました。

亡命選手ビシエド

ビシエド選手は
キューバから亡命した過去があります。

なんと「いかだ」で
アメリカへ行こうとしたんだとか!

 

結局はドミニカ共和国で
居住権を獲得し
ホワイトソックスでメジャーデビュー。

 

しかしその後素行不良という理由で
4回の移籍をし
ことごとくクビ宣告を受けました。

 

他球団も狙うなか、森繁和監督が
フロリダの自宅に出向いて直談判
獲得することができました。

 

契約理由のひとつに
現在巡回コーチのオマール・リナレス
中日にいたからだそうです。

 

過去直談判までしてくれて
現在は監督としてサポートしてくれている
森繁和監督と

巡回コーチとしてケアをしてくれる
リナレスがいるので

ビシエドも安心して
活躍できているのでしょうね。

理由2 残留を優先としている

2018年秋の来季についての取材に対し
ビシエド選手本人のコメントは

「中日は好きだが、まだ契約に関するデリケートな話に答えたくない。ただしメジャー復帰は考えていない。日本でプレーしたいと思っている」

ということで、残留をほのめかす発言。

 

ただ、他球団への移籍にも言及しているので
残留の可能性は100%とは言えず。

 

メジャー復帰はないのは嬉しいですが
他球団への移籍はゼロではないというのは
複雑ですね…。

スポンサードリンク

理由3 ビシエド、中日愛を語る

ラテン系の方の言う
「家族」とは最上級の親愛表現です。

名古屋に居住し
息子さんも地元の少年野球に入るなど

かなり名古屋での生活に溶け込んでいます。

 

「家族」を大事にするからこそ
アメリカではなく日本での活動を選んだ
のも理由のひとつかもしれません。

中日が外国人選手に愛される3つの理由

中日はなぜ外国人選手に愛されるのか?

以下の3つの理由があるからと私は考えます。

  • スペイン語圏の外国人選手を採用している
  • リナレスが巡回コーチとして外人のケアをしてる
  • 必ず外国人野手を残留させる

スペイン語圏の外国人選手を採用している

中日では

スペイン語圏の外国人選手

を採用しています。

 

また、性格も採用の基準としているので
素行の良い選手が揃っています。

 

そして良い選手を集めるだけでなく
入団後のケアも手厚いです。

リナレスが巡回コーチとして外国人選手のケアをしてる

オマール・リナレスが巡回コーチとして
外国人選手のケアをしている

というのも理由のひとつでしょう。

 

リナレスはキューバでは現在でも英雄と呼ばれています。

 

ビシエド選手が目標とし尊敬している
リナレスが巡回コーチとして

ケアをしてくれるとあれば
入団したくなるのも無理はないでしょう。

 

また、通訳なあらゆる面でサポートができる
ルイス・フランシスがいるのも大きいです。

必ず外国人野手を残留させる

森繁和監督の意向で

常に一人はNPB経験の外人野手を残留させ
先輩として日本の野球を教える

というシステムがあります。

初めて日本の野球を経験する
外国人選手にとって
先輩がいるのは安心でしょうね。

まとめ

私としては

ビシエド選手をぜひ残留させてほしい!

ビシエド選手はプレーはもちろんのこと
他の選手たちを気遣ったりと
プレー以外でも貢献してきました。

 

中日愛もありますし、
冷たい扱いは
絶対にしてほしくないですね。

 

ただいくら中日愛があるといっても

「お金」は大事。

ビシエド選手側は
年俸3億円で交渉する予定だそうです。

 

「家族」として
ぜひとも球団には頑張って
残留させてもらいたいです。

 

それでは最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました