付き合う前の男性からLINEの頻度が減った!原因と対処法を紹介

このページをお読みいただき
ありがとうございます。

このページに
辿り着いたということは

 

デートもする仲の

付き合う前の男性から

LINE(ライン)の頻度が

減ったんですよね・・。

 

そこで

 

付き合う前の男性から

LINE(ライン)の頻度が

減った

原因と対処法

 

実体験を交えて

まとめてみました。

 

この情報が少しでも

あなたの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

LINE(ライン)の頻度が減ったと思われる原因と対処法

LINEやメールのやり取りがが苦手

LINE(ライン)やメールのやり取りだと感情が読めなくて苦手!

電話や会って話すほうがいい!

 

そんな人はいます。

私の過去にお付き合いした方もそうでした。

 

ただ、なかなか会う時間を作るのは大変なもの。

そんな時はビデオ電話をすることをおすすめします!

メッセージを送る頻度が多すぎる

「どうしたの?」
「元気?」
「怒ってる?」

 

なんて相手の返事を待たずに送ってませんか?

これでは男性に限らずストレスを感じてしまいます。

 

相手にも事情があります。

まずは様子見で相手の返信を待ってみましょう。

スポンサードリンク

満足している

デートで会ったことで満足してる可能性があります。

「LINE(ライン)でもお話がしたいな」

とメッセージを送ってみましょう。

きっと喜んでLINE(ライン)してくれると思います。

仕事が忙しい

単純に仕事が忙しい、という場合があります。

 

男性は基本的にひとつのことに集中したい方が多いです。

なので返信がしたくてもできない可能性があります。

「忙しい」と言われた場合はまずは素直に受け止めましょう。

 

ただ、待つ他にアイデアがあります。

それは

「返信のいらないメッセージを送る」

です。

 

あくまで例ですが、

「お仕事大変だと思うけど、体調には気をつけてね」

など、相手を気遣うメッセージを送ってみましょう。

また、返事はいらないということも伝えましょう。

 

細部まで気遣いをすることで心配してるということがよく伝わります。

男性は心配してくれている、と喜んでくれるでしょう。

ネガティヴに考えすぎないで!

「面倒くさくなったのかな・・」
「嫌われたのかな・・」

そんな不安の中でLINE(ライン)するのは本当に辛いですよね。

でも、過剰に催促したり追求するのはやめておきましょう。

LINE(ライン)やデートをする仲であっても、相手はまだ彼氏ではありません。

お互いのパーソナルスペースは守りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今までのはあくまで例なので、100%正解と言うわけではありません。

あとはお相手の男性の方の性格で答えは変わってきます。

あなたがお相手の男性の方と楽しくLINE(ライン)ができることをお祈りしています。

 

それでは最後までお読みいただきありがとございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました