オリオン座流星群の大阪でのピークと方角【2019】

オリオン座流星群の極大日がいよいよ近づいてきました。

オリオン座流星群は目で見える流星群の1つで、ピークはなだらかなので、数日間にわたり観測できます。

今回はオリオン座流星群の大阪でのピークと方角【2019】と題して

  • ピーク(見頃)は何時か
  • よく見える方角
  • おすすめ観測場所

についてまとめました。

 

 

オリオン座流星群2019大阪のピーク(見頃)は何時?

オリオン座流星群の大阪の見頃は何時でしょうか?

2019年は10月22日朝8時頃がピークです。

しかし時間は気にせず、22日未明から注目するとよさそうです。

もしくは10月21日または23日の午前0時~夜明けも見頃ですよ。

オリオン座流星群2019大阪のよく見える方角は?

流星の出現地点という意味ではどこから見ても大丈夫です。

しかし夜中は月明かりが見えない方角で見るのをおすすめします。

 

 

オリオン座流星群2019大阪のおすすめ観測場所

  • 和泉葛城山(大阪府岸和田市塔原町・貝塚市蕎原)
  • ちはや園地(大阪府南河内郡千早赤阪村)

オリオン座流星群の大阪でのピークと方角【2019】まとめ

オリオン座流星群は10月下旬が見頃の流星群です。

ピークもなだらかで方角にも特にこだわる必要がないのでのんびり楽しめます。

ただし10月の天体観測は想像上に寒いので、防寒対策をしっかりしましょう。

また、温かい飲み物も必需品です。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました