読書感想文の簡単な書き方中学年(3~4年生)向け!見本・例文アリ

夏休みの厄介な宿題

読書感想文!

私は毎年最後まで残ってしまって

いつも半泣きで終わらせてました。笑

 

私のような人を増やしたくない!

そこで

読書感想文の簡単な書き方

を考案してみました。

 

自由読書

(課題図書ではなく、自由に選んだ本)

を前提に例文・見本を書きましたので

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

スポンサードリンク

読書感想文の書き方 準備編

読書感想文を書く前に用意するもの

まずは本を読む前に以下のものを用意してください。

  • えんぴつ
  • ふせん

えんぴつ・紙は下書き用です。
いきなり原稿用紙に書くと、書き直す度に紙が汚れてしまうからです。
もしPCとプリンターがあれば紙に印刷してもOKです。

ふせんは本を読んでいる最中に使用します。
使い方は、本を読んでいるとき、印象に残った部分に貼っておきます。
最初から読みなおさなくていいように使うのがポイントです。

読書感想文を書き方 5つのポイント

読書感想文の書き方には5つのポイントがあります。

このポイントをおさえるだけで読書感想文が劇的に書きやすくなります!

  • ポイント1 なぜこの本を選んだのか
  • ポイント2 本の簡単なあらすじ
  • ポイント3 この本を読んでどう思ったのか
  • ポイント4 本を読んでなにを行動したのか
  • ポイント5 タイトルは最後に決める

以上5つです。
ひとつずつ解説しますね。

ポイント1 なぜこの本を選んだのか

自由読書(課題読書ではなく自由に選んだ本)は本選びが重要です。

なぜこの本を選んだか、から書くことで書き出しがスムーズになります。

あと、文字数を稼ぐことができます。笑

 

本を選ぶ基準はざっくりで良いです。

帯が面白そうだったから、

友達にすすめられたとか、

などなど…

とにかく「興味を持った」本を選びましょう。

 

将来なりたいもの、

自分と境遇が似ているもの。

だとさらに書きやすくなりますよ!

ポイント2 本の簡単なあらすじ

あらすじは書くな!という人もいます。

しかしそれは賞を取りたい、いい成績をもらいたい人向けです。

とにかく1日でも早く終わらせたいのであればあらすじも書いちゃいましょう!

ただし原稿用紙の全部にあらすじを書くのはおすすめできません。

あくまであらすじとして、少しだけ書きましょう。

ポイント3 この本を読んでどう思ったのか

読書感想文の大部分はポイント3が占めることになります。

ただ単に「すごいなと思いました」だけではなく

  • 誰のどのセリフがすごかったのか?
  • 誰の行動がどうすごかったのか?

など、具体的に書きましょう。

ポイント4 本を読んで行動したこと

ポイント3に続いて文字数を稼げる部分です。

お手伝いなどをすれば日記にも書くことができます!

ぜひなにか行動することをおすすめします。

ポイント5 タイトルは最後に決める

これはちょっとしたコツになります。

読書感想文を書くときタイトルから考えるかと思います。
でも、それだとなかなか決まりませんよね・・。

そんなときはまず読書感想文の内容を書きましょう。

最後にタイトルを書くことで、いつもと違った読書感想文が書けますよ!

ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

読書感想文の見本・例文

『ありときりぎりす』を例に見本を書いてみました。

※スマホからでも読みやすいように改行・段落わけしています

「アリときどきキリギリスの生き方」

ぼくはこの本を読むまで、キリギリスでした。

なぜこの本を選んだかというと、勉強もせず遊んでばかりいたらお母さんに「キリギリスみたいになるよ」と言われきょうみを持ったからです。

ぼくは『アリとキリギリス』を読むまではアリとキリギリスはただの働き者の話だと思っていました。
でも、ちがいました。

アリは冬をこすために夏の間ずっと働いていて、キリギリスは朝も夜も遊んでばかり。
最後には「これからはちゃんと働きます」と言ってありに食べ物をめぐんでもらってました。

この本を読んでぼくはアリはお父さんとお母さんみたいだな、と思いました。

 

お父さんは毎朝、仕事に行きます。朝は7時、帰りは遅いと10時をすぎます。なぜ毎朝仕事に行くかと言うと、ぼくたち家族をささえるためです。

また、お母さんも毎朝仕事に行きます。お母さんはパートなので6時にはお家へ帰ってきます。でも仕事が終わったら家事をしています。

なぜならお家が汚くならないようにしたり、みんながご飯を食べられるようにするためです。

お父さんとお母さんはまるで本に出てくるアリみたいだね、と言ったらお父さんは

「世の中はみんなアリみたいに頑張ってる人のおかげで回っているんだよ」

と言いました。

ぼくはすごいなあ、と思いました。
でも、すごしふしぎなことがあります。

 

それはアリのように働く人たちは幸せなのかな、言うことです。

お父さんとお母さんはときどき、とても疲れた顔をしています。
テレビのCMでも疲れた顔の男の人や女の人が出てきます。

本の中のアリも、食べ物を運んでいる時、疲れた顔をしていました。

 

たしかにキリギリスのようにはなってはいけないと思います。
でも、毎日アリのような生活をしていたら、とても疲れると思います。

なのでぼくはこの本を読んでから、お父さんとお母さんがキリギリスのようになれる日を作りました。

お母さんの代わりにお昼ご飯を作ったり、お父さんの代わりに庭の草むしりをしました。

ふたりともとても喜んでくれました。
その笑顔は、あの本のキリギリスに似ていました。

今のぼくには世の中の人みんなをキリギリスにすることはできません。
でも、できることもあります。
それはお手伝いをして、身近な人を笑顔にすることです。

 

もうすぐ夏休みが終わり、2学期が始まります。

これからはお父さんお母さんだけでなく友達や近くで困っている人がいたらお手伝いをしようと思います。
それがぼくができるアリの働きかただからです。

(1007文字)

黄色い文字部分が読書感想文の書き方のポイントで伝えた部分です。

原稿用紙は?

学校から原稿用紙の指定がなかった!

こんな場合はどうすればいいのか。

読書感想文全国コンクール公式サイトの応募要項で確認したところ

・小学校中学年の部(3、4年生)本文1,200字以内

と書かれていました。

なので原稿用紙は400字のものを3枚用意しましょう。

まとめ

今回の記事のまとめです。

  • 読書感想文は書く前に紙やえんぴつなどを準備する
  • 読書感想文の書き方は5つのポイントを意識する
  • ポイントを意識した見本・例文は1007文字
  • 原稿用紙は指定がなければ400字のものを使う

以上、「読書感想文の簡単な書き方中学年(3~4年生)向け!見本・例文アリ」でした。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました