熱中症対策の食べ物にお菓子は最適!理由とオススメお菓子9選まとめ

美容と健康

梅雨明け間近とともに気をつけなければいけないのが熱中症

 

近年の熱中症対策として水分補給と塩分補給をしよう!となってますが
実は日常生活では塩分補給って必要ないんです!

 

それよりももっと大切な栄養を補給しなければならないんです。

 

そこでお菓子の登場です。

 

熱中症対策にお菓子は有効なんですよ。

 

なぜ塩分補給は必要ないのか?

なぜ熱中症対策の食べ物にお菓子がおすすめなのか?

 

その理由とコンビニで買えるお菓子をまとめてみました。

 

よければ最後まで読んでみてくださいね!

スポンサードリンク

 

熱中症対策にお菓子がオススメな理由

そもそも熱中症は炎天下での作業や、スポーツをする時だけ起きるとは限りません。

梅雨時期の高温多湿な気候の中で過ごしていても起きることもあります。

熱中症対策は日常生活で行うことで暑さに負けない体づくりができるんです。

 

水分補給としてスポーツドリンクを飲もう、という言葉をよく見かけますが、日常生活する上ではおすすめできません。

なぜならスポーツドリンクは炎天下で作業をしたりスポーツをする人向けに開発されていて、塩分だけでなく糖分もたくさん含まれているからです。

糖分は消化する際にもエネルギーが必要なので、かえって体力を消耗して熱中症になる恐れがあります。

 

そこでお菓子です。

 

お菓子の中には糖分を抑えたヘルシーなものがあります。

間食を普段の食生活に加えることで、小腹を満たしながら熱中症対策ができるんです。

また、適度な塩分補給もできるのです。

汗をかいたら塩分補給するべき?

汗をかいたら塩分補給!というのが常識になりつつありますが、それは大量の汗をかいた場合の話です。

 

日常生活でわざわざ塩分補給する必要は無いです。
むしろ日本人は塩分を摂りすぎと言われています。

 

WHO(世界保健機関)が定めている目標値は5g未満
対して日本の成人の1日平均食塩摂取量は女性は9.2gなので、約2倍もの食塩を摂取してることになります。

 

なので塩分は普段の食生活で十分なのです。
ただし汗には塩分だけではなく他の栄養素も含まれいるので補う必要があるんです。

 

熱中症対策に必要な栄養素

汗の成分は塩分だけでなく、大事な栄養素も含まれてます。
汗をかくことでその栄養素も排出されてしまうので補う必要があります。

ミネラル

ミネラルとは、カルシウム・マグネシウム・亜鉛・鉄・ナトリウムなど、人間に必要な栄養素の総称です。骨などの体の組織づくりを助けたり、体の調子を整える働きをします。ミネラルは体内で作ることができないため、食事で摂るしかありません。

ミネラルが不足すると貧血や、肌荒れにつながるだけでなく、熱中症になりやすい体質になってしまう恐れがあります。

 

ミネラルは牛乳などの乳製品やナッツ、大豆製品に多いと言われています。

 

ビタミンB群

ビタミンB1、ビタミンB2は水溶性なので、汗とともに失われやすい栄養素です。

ビタミンB1は炭水化物、ビタミンB2は脂肪をエネルギーに変換する助けをします。

ビタミンB群はこまめに摂取する必要があります。

 

ビタミンB群が不足すると食欲不振、下痢、肌荒れなるだけでなく、エネルギーに換える力が弱まるので体力低下の一因になる恐れがあります。

 

ビタミンB群はナッツなどに多く含まれます。

ビタミンC

ビタミンCも水溶性なので汗とともに失われやすい栄養素です。

ビタミンCは鉄やカルシウムの吸収を促したり、ストレスへの抵抗力を強める役割があります。

ビタミンCが不足すると鉄欠乏性貧血や食欲不振、下半身のむくみにつながります。

ビタミンCはさつまいもなどに多く含まれます。

スポンサードリンク

おすすめお菓子 セブンイレブン編

きな粉くるみ

 

くるみはナッツ類の中で最も栄養豊富な食材で、塩分を体内から排出するカリウムと、熱中症対策に効果的なマグネシウムが含まれてます。

また、きな粉には鉄分が含まれているので貧血予防にぴったり。

チャック付きなので持ち運びにも◎

甘い干し梅

 

梅干しにはカルシウム、鉄、ビタミンCが含まれています。また、カリウムやマグネシウムなどもミネラルも含まれていて、夏の万能食材と言えます。
クエン酸で疲労回復もできます。

そんな梅干しを甘く仕上げることで塩分を控えめにしました。チャック付きなので食べたい時にちょこっとつまめます。

有機むき甘栗 小袋

 

意外にも栗は栄養がたくさん含まれています。ビタミンCが含まれていますが、デンプンで覆われているので加熱しても失われることがないのです。

また、カリウムも含まれているので、夏場に食べるのもおすすめです。

ただし糖質が多いので食べ過ぎには要注意です。

おすすめお菓子 ローソン編

京挽ききなこくるみ

 

くるみには熱中症対策として有効なマグネシウムが豊富に含まれています。また、余分な塩分を排出するカリウムも含まれています。

きなこはタンパク質が多く含まれているので疲労回復にも有効です。

一袋あたりのカロリーは217kcal。ローソンの通販でもお求めできます。

マヌカハニーアーモンド

アーモンドもくるみと同様、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛など、ミネラルが豊富な食材です。アーモンドの脂質は不飽和脂肪酸という体に良いもので、ダイエット効果も期待できます。

また、マヌカハニーも栄養豊富な食材で、整腸作用や虫歯予防にも効果があります。

一袋あたりのカロリーは192kcal。ローソンの通販でもお求めできます。

種子島産安納芋チップス

さつまいもにはカリウムをはじめカルシウムやビタミンCなど多くの栄養が含まれています。

特にカルシウムは野菜の中では豊富で、ビタミンCは果物と同等に含まれています。

砂糖不使用で素材の甘味を活かしたお菓子です。

一袋あたりのカロリーは145kcal

おすすめお菓子 ファミリーマート編

ジューシーパイナップル

パイナップルには炭水化物をエネルギーに換える助けをするビタミンB1が含まれており、熱中症に負けない体作りにはおすすめです。
また、南国のフルーツなので体を冷やす作用があります。

カリッとローストピスタチオ

ピスタチオはカルシウムとマグネシウムが豊富で、さらにビタミンB群も含まれており、熱中症対策には有効と言えます。

ただし高カロリーなので食べ過ぎには注意が必要です。

甘酸っぱい完熟梅ぼしのシート

梅干しは体内から塩分を排出するカリウムを含んでいます。さらにカルシウムや鉄も含まれており汗で失われたミネラルを補うのに最適です。
その梅干しをシート状にすることで食べやすさを追求しました。

ただし一袋あたりの塩分が多いので食べ過ぎに注意が必要です。

お菓子を食べる時には必ず水分補給を

熱中症対策としてお菓子を食べることはおすすめですが、食べる時は必ず水分補給をしましょう。

水分補給には水、麦茶、牛乳が最適です。反対にコーヒーや紅茶、緑茶などは利尿作用があるので水分補給にはなりません。

 

また、水分補給はこまめにしましょう。1時間にコップ一杯の水分を摂取するのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

汗をかいたら塩分補給!とあちこちで言われてますが、日常生活を送るうえで塩分補給は必要ないことがわかり驚きでした。

さらに汗をかくと塩分だけではなく大切な栄養素ミネラルも流れ出てしまうということがわかりました。

水分補給はもちろん大事ですが、汗で失われたミネラルを補給する重要性も説明しました。

熱中症対策に効果的な食べ物としてコンビニでも買えるお菓子をご紹介させていただきました。

水分補給だけでなく栄養補給もこまめにして、夏本番に向けて熱中症に負けない体づくりをしましょうね!

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました