夏に髪がパサパサになる原因は乾燥だった!理由や予防法を詳しく説明

美容と健康

 

「夏になるとなぜか髪がパサパサになる・・」

あなたはこんな経験、ありませんか?

 

それ実は髪が「乾燥」しているからなんです。

 

しかも髪は肌よりも乾燥によるダメージが多いんです。

 

夏は肌の手入れに目が行きがちです。

けど、髪への手入れも重要なんです。

 

夏に髪がパサパサになる原因の解説と予防法について説明します。

スポンサードリンク

 

夏に髪がパサパサになる原因は乾燥だった

髪がパサパサになる原因は乾燥によるダメージです。

夏に乾燥?と思うかもしれませんが、たくさん理由はあります。

髪が乾燥する原因についてまとめました。

髪が乾燥する原因はコレだ!夏のコワ~イ3大要素

日光(紫外線)

髪がパサパサになる原因の90%は日光(紫外線)によるといっても過言ではないです。

強い日光を浴びると髪が日焼けした状態になります。
水分が奪われることによって髪が乾燥するんです。

また、紫外線も髪の乾燥の原因になります。
紫外線はキューティクルに含まれる成分を分解してしまうため、髪の潤いを保つキューティクルが剥がれ水分が奪われる。

さらに紫外線は髪だけではなく、頭皮にもダメージを与えます。
真夏の紫外線は1日3分直接浴びるだけでシミができるそう。
紫外線の種類によっては窓から入ってくるので注意が必要です。

エアコン

夏は自宅だけでなく、通勤や仕事先などあらゆる場所でエアコンの効いた涼しい空間に居ますよね。

エアコンは冷風によって空間を冷やす仕組みになっています。
つまりエアコンが効いてる状態は空間全体が乾燥した状態になってるんです。

なので直接風が当たらなくとも乾燥した空間に居れば必然と髪は乾燥します。
乾燥した空間に長時間居ることで髪の水分が失われ髪のパサつきにつながります。

また日光の強いの中通勤し、仕事中はエアコンが効いた部屋にいるなど、急激な温度差も髪にダメージを与えてしまうのです。

汗も直接的ではありませんが髪が乾燥する原因になります。

汗は水分のほかに塩分を含んでいます。
この汗に含まれる塩分により浸透圧で髪の水分が排出され髪がパサパサになります。
さらに強い日光により髪に染み込んだ汗が蒸発し、さらに水分が奪われるという悪循環に陥るのです。

また、頭皮にも悪影響を及ぼします。
汗で濡れた頭皮には汗だけでなく皮脂や空気中のホコリが混じっています。
皮脂やホコリが汗に濡れることによって雑菌が繁殖し毛穴が炎症を起こします。
なので汗によって頭皮が蒸れると毛穴が炎症を起こし抜け毛が増える可能性もあるんです。

このように髪を乾燥のダメージから守るためには頭皮のケアも重要になります。

髪のパサつきにも効果的?頭皮も守る必要があるワケ

髪は頭皮にある毛穴から生えていますよね。

先ほど説明したように、日中頭皮には皮脂やホコリなど、あらゆるものが付着してます。
また、年中日光に晒され日々ダメージを受けています。

このように頭皮の環境が悪いと、毛穴が荒れる可能性があります。
毛穴が荒れることにより、毛穴がつまり、コシの無い髪や、最悪の場合髪が生えないかもしれないのです。

髪だけでなく頭皮も守ることによってダメージに強く健康的な髪が生えるでしょう。

スポンサードリンク

髪がパサパサにならないための予防法

日中の予防策

日傘or帽子を使う

日光によるダメージを防ぐのに最も効果的な方法です。

帽子はつばが広い帽子を使うようにしましょう。
通気性があるものを使うと汗によるムレも防ぐことができます。

日傘は性能で買いましょう。
日焼け・紫外線予防に効果的な完全遮光の日傘がおすすめです。
こちらの記事でも紹介しているのでぜひ読んでみてください♪

【日傘】通勤やデートで大活躍!プチプラで人気な完全遮光の日傘を調査!

もちろん帽子と日傘のW使いも大丈夫ですよ(^^)v

加湿器を置く

エアコンの乾燥から髪を守る方法として加湿器があります。
加湿器は気化式で場所を取らない小型のものがおすすめです。

可能なら自宅だけでなくオフィスにも置きましょう。

頭皮の汗もこまめに拭く

頭皮を清潔にすることは髪へのさらなるダメージを防ぎます。
頭皮も汗をかくのでこまめに拭きましょう。

その際使うのはティッシュがおすすめです。
タオルやハンカチは拭いてから放置しておくと雑菌が繁殖する可能性があります。

アフターケア

低刺激のシャンプーで髪を洗う

夏の髪は日々のダメージにより敏感になってます。
低刺激のシャンプーを使うことで髪と頭皮に刺激を与えず汚れを落とすことができます。
毛穴のつまりの原因になるのでワックスなどの整髪料は必ず落としましょう。

トリートメント

トリートメントは傷んだ髪に使うものだと思われがちです。
ですが、髪が痛む前からトリートメントを使えば予防になります。
洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメント、両方を使うことでより効果的に髪を守ることができます。

ぬるま湯のシャワーで洗い流す

熱いシャワーで髪を洗うと皮脂と水分が奪われてしまいます。
反対に冷たいシャワーを浴びると毛穴は引き締まるかもしれませんが、風邪を引く可能性があります。
40度以下のぬるま湯で優しく洗い流すのがおすすめです。

髪がパサパサに・・・一日でも早く修復する方法は?

予防してたけど髪がパサパサになってしまった・・・なんてことはあると思います。
では、一日でも早く傷んだ髪を修復する方法についてですが・・・。

結論から言うと、一度傷んでしまった髪を修復するのは難しいです。

生活習慣を見直すなどの対処療法しかありません。
痛みがあまりにも酷い場合は切るという選択肢も・・・。

髪が傷まないよう、日頃から予防を心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

髪がパサパサになる原因は乾燥ということがわかりました。

髪を守るだけでなく、頭皮も守ることが有効だとわかりましたね。

夏場でも髪が乾燥する要因は日光(紫外線)・エアコン・汗で、それを予防する方法もまとめてみました。

以上、夏に髪がパサパサになる原因についてのまとめでした。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました